旧岡家住宅庭再生プロジェクト発信!

高知県が開催する「志国高知 幕末維新博」の開催に伴い、田野町の県指定文化財「岡御殿」が地域会場の1つとなりました。この幕末維新博は大政奉還から150年、明治維新から150年を記念して2017年度・2018年度と2年にわたり開催されます。地域会場として田野町へ多くの観光客をお招きするにあたり、会場である「岡御殿」だけでなく、他の田野町の魅力にも接してもらい、町で滞在する時間を増やしていただき、何度となく訪れてほしいという想いに至りました。

  そこで、“四国で一番面積の小さな町“という特徴を生かしつつ、町の歴史や文化、食、人と触れ合っていただくための仕組み作りに取り組むこととなりました。

  地域会場の「岡御殿」の横に県指定文化財『旧岡家住宅(通称:西の岡邸)』という建物がありますが、こちらの施設は一時期倒壊の危機に瀕していたところ、地域からの声を受け建物の修復を行いました。しかしながら、庭が手つかずの状態であり、今回この庭の修復に取り組み、【田野町の新たな魅力のひとつ】として発信していければと考えています。

  今回、「旧岡家住宅」の庭の修復を考えていた際に、高知の観光PRでいろいろとご活躍されているタレントの『ユージさん』に、本町にご訪問いただく機会を頂き、お越しの際に庭の修復のお話をしたところ、「昔造園の仕事もしていたし、番組でもやってるので、是非、僕でよければ手伝いますよ!」と言って頂きました。このような経緯があり、ユージさんにも年間を通じてご協力頂き『旧岡家住宅庭再生プロジェクト』を立ち上げることとなりました。

 

 

■Facebookでこのプロジェクトの情報を随時UPしていくのでそちらもご覧下さい。

https://www.facebook.com/ひなtano魅力発掘プロジェクト-139315586800740/?modal=admin_todo_tour