志国高知幕末維新博開幕!

この度、3月4日「志国高知幕末維新博」がここ高知で遂に開幕いたしました!

大政奉還150年と来年の明治維新150年に合わせ、坂本龍馬など地元の偉人の歴史資料を展示する高知県の観光博覧会「志国高知 幕末維新博」が4日、県内で開幕しました。オープニングイベントには俳優の高橋英樹さんと女優の広末涼子さんが登場し、花を添えました。

幕末維新博は、会期を2幕に分けて実施されます。第1幕は新規開館した県立高知城歴史博物館をメイン会場にして来年3月31日まで、第2幕はリニューアルオープンする県立坂本龍馬記念館をメイン会場に来年4月1日から2019年3月末までと合わせて2年間にわたり、県内23の歴史文化施設で繰り広げられます。

県立高知城歴史博物館では、特集展「海援隊発進!『坂本龍馬のかけぬけた時代』」(4月17日まで)と題して、先日、話題となった龍馬暗殺5日前の直筆書簡を初公開。龍馬が「新国家」財政を憂いて書いた書簡で、大政奉還前後に龍馬が書いた手紙2点も展示しています。

オープニングイベントは高知城で行われ、尾崎正直・高知県知事は「われわれの誇りとする土佐の歴史を皆様とともに2年間堪能し、改めて当時の志をかみしめる『維新博』にすることができれば」とあいさつ。広末さんも壇上から「たくさんのみなさんに来ていただいてこれからも高知がどんどん元気になっていくのを一緒に応援していきたい」とメッセージを送り、祝砲を鳴らして開幕を祝いました。

*3月4日毎日新聞記事抜粋